ブランケットに関する情報が満載!

足元を守ります

色落ちしやすいブランケットの洗い方について

ブランケットは軽量で保温性が高いことから近年になって広く普及しています。
また、デザインも多彩でインドア向けのファッションアイテムとしての側面も併せ持っています。
ブランケットを衛生的に使い続けるためにはこまめに洗濯することが大切ですが、製品によっては色落ちしやすい物もあるので注意が必要です。
特に家庭用の洗濯機を使用する場合は色落ちだけではなく生地の劣化も生じることがあるので洗い方に工夫を施す必要があります。
ブランケットの色落ちは多くの場合、使用されている染料の性質が影響しています。
他の衣類への色移りを防ぐために別個に洗濯を行う他、使用する洗剤も色落ちを防ぐ作用があるものを選びます。
また、洗濯機の洗浄メニューを調節するのも生地の傷みや色落ちを防ぐ洗い方になります。
洗浄した後は清潔な環境の中で陰干しを行い、完全に乾燥させた後で湿気を含まないように気を付けながら収納します。
生地の色落ちは洗い方を工夫することで回避できるので、事前にタグの記載内容をよく確認することが洗濯で失敗しないための心得です。

ブランケットの洗い方に工夫を!

ブランケットを洗うときはまず、表示を確認しておきましょう。
基本的に、アクリルやポリエステルのブランケットは家で洗えます。
その洗い方は工夫次第でとてもきれいになります。
大きめのネットに入れて洗濯機の標準コースで洗うのですが、この時、汚れている部分が外側になるように、ブランケットを縦・横の順に屏風だたみにします。
洗剤は液体、粉末のどちらでもいいです。
大きな物を洗っているので、すすぎは最低2回は行った方が確実でしょう。
そしてネットから取り出してみて、縦方向に伸びていたら、横へ、横方向に伸びてたら縦に引っ張るようにしてから、形を整えて陰干しします。
2本のハンガーを使い、そこにM字になるように干すと、空気も入り込み乾きやすくなります。
完全に乾いたら、表面の毛並みがそろってつやが出るから、軽くブラッシングするといいです。
ネットに入れるときの折りたたみ方と干し方さえ気をつければ、自宅で洗濯機を使って洗えるので、経済的にも時間的にも有益だと言えるでしょう。

recommend

wifiをレンタルするなら
http://www.min-wifi.com/

最終更新日:2017/1/26