ブランケットに関する情報が満載!

足元を守ります

可愛いブランケットの編み方

ブランケットは寒い季節、膝や肩に掛けたりすると暖かくて重宝するものです。
ベビーカーで赤ちゃんに布団替わりに掛けてあげるのも良いでしょう。
こうしたブランケットも、ハンドメイドブームの近年、手編みで作る人も増えています。
膝かけのような役割をするので面積が大きめのため、編むのに時間がかかりがちですが、編み方によっては比較的短時間で可愛くできるものもあります。
かぎ針でスクエアや円のモチーフを何枚も作ってつなぎ合わせていく方法は、細かい編み目で編んでいくよりも早く出来上がります。
何色か色を変えたモチーフをつないで作るブランケットは、とてもおしゃれで素敵です。
使用する毛糸は、軽めの柔らかいものが適しているでしょう。
モヘアも温かみのある優しい雰囲気に仕上がりますが、毛が素肌に付くとチクチクする場合があるので敏感肌の人には注意が必要です。
春夏シーズンも、リネン糸やコットン糸で編めば、冷房による冷えの予防になります。

ブランケットは簡単な編み方で作れるので、初心者向けです

冬場の膝掛けや肩掛け、マフラー代わりにとブランケットは温かく、色々なシーンで活躍してくれます。
このような便利なブランケットを親しい人のために心をこめて編んでプレゼントすれば、きっと喜ばれるはずです。
ブランケットの編み方はとても簡単で、マフラーとほとんど同じ方法で作成出来ます。
材料は毛糸と編み棒、またはかぎ針、綴じ針のみで作成することが出来ます。
お金もそんなにかからないので、学生でも作りやすくなっています。
編み棒の場合の編み方は、メリヤス編み、ガーター編み、ゴム編みなどがあり、かぎ針の場合はこま編み、長編み、長々編みなどが初心者向けです。
変わったところでは、棒針やかぎ針以外にもアフガン針があり、これは棒針とかぎ針の中間のような形をしています。
また、指編みという編み方もあり、針を使わず指を使って編む方法があり、お年寄りのリハビリなどや初めて編み物に触れる小学生などに広まっています。
指編みの目は粗く、ざっくりした生地の膝掛けを作るのに適しています。

Favorite

外貨両替を池袋で行う

Last update:2017/12/7